トクポチの特徴

  • 特徴1

    全商品定価の
    60%OFFから
    発売開始

  • 特徴2

    毎週月曜日に
    新商品

  • 特徴3

    毎週月曜日に
    全品10%OFF
    強まる

  • 特徴4

    フードロス削減に
    貢献できる

  • 特徴5

    会員費は
    月130円と
    330円の2種類

トクポチについて動画で詳しく!

様々な食品をお得に購入。さらにフードロス削減にも貢献!
※表示されている商品は、過去に販売されていたものです。

全ての商品が定価より安く
最大無料で手に入る

トクポチで販売されるすべての商品は定価の60%OFFから販売されています。中には100%OFF、つまり「無料」で手に入る商品もあります。販売アイテムは、缶詰や飲料、サプリなど8つのカテゴリーにわけて販売されています。

100% 無料

取り扱いカテゴリー

トクポチの取り扱いカテゴリー

※初期は常温商品のみでスタート致します

100% 無料

価格、どんどん安くなる

トクポチの商品は、サイトに掲載されてから月を重ねるごとに一定の割引率で割引されていきます。
割引率は以下の通り、プランによって変わってきます。

※12/1より下記へ変更になります

スタンダード会員
スタンダード会員

スタンダードプランでは、市価の60%OFFからスタートし5ヶ月目で市価の100%OFF、つまり「無料」になります。

*上記は賞味期限が1ヶ月未満の商品が対象となり、賞味期限が1ヶ月以上の商品については市価の40%OFFからのスタートとなります。

70%以上の方がプレミアム会員を選ばれています!
プレミアム会員
プレミアム会員

プレミアムプランでは、定価の80%OFFとスタンダードより高い割引率でスタートし3ヶ月目で定価の100%OFF、つまり「無料」になります。年に2回以上購入される方におすすめのプランです。

*上記は賞味期限が1ヶ月未満の商品が対象となり、賞味期限が1ヶ月以上の商品については市価の60%からのスタートとなります。

*プレミアム会員限定商品は賞味期限が1ヶ月未満の商品について市価の60%OFFからスタートし、賞味期限が1ヶ月以上の商品については市価の40%OFFからのスタートとなります。

物流コストはお客様負担になります。賞味期限切れ間近の商品がある為、その点を よくご確認し、ご了承の上ご購入ください。

アンケートなど一切なし、
2つの会員プラン

トクポチで商品を購入するには「スタンダード」と「プレミアム」2つのプランのどちらかに加入する必要があります。商品は、サイトに掲載されてから を重ねるごとに一定の割引率で割引されていきます。割引率は以下の通り、プランによって変わってきます。

スタンダードプラン

年会費1560円(税込み)をお支払い頂くと、トクポチの全ての商品を購入することができます。例えば市価3,000円分の商品を1度でも0円で購入すると、2年分の会費の元が取れるので非常にお得なプランです。1年に1回でもトクポチで商品を購入されるなら一般会員になることをオススメいたします。

プレミアムプラン

年会費3960円(税込み)をお支払い頂くと、スタンダード会員より常時、更に20%大きい割引率で購入可能になります。例えば、半年に1回市価6,000円の商品を購入するとスタンダード会員との差額「200円/月(税込)」の元が取れるので、半年に1回購入を検討されている方はプレミアム会員になることをオススメいたします。

あの芸人さんも絶賛!

消費期限と賞味期限の違い

期限が切れていても食べれる?

賞味期限が過ぎたら「もう危ない」とすぐに捨ててしまう人も多いのではないでしょうか?実は、法律上は衛生上の危害を及ぼすおそれのないものであれば「賞味期限」を過ぎた商品でも問題ありません。
それと比べ「消費期限」を過ぎた食品については飲食に供することを避けるべき性格のものであり、これを販売することは厳に慎むべきものです。賞味期限と消費期限の違いは「その食品の劣化のし易さ」にあります。「賞味期限」は味が変わらない期間つまり「美味しく食べられる期限」を指しており「レトルト食品」や「缶詰」「ペットボトル飲料」などが対象になっています。
食品の腐敗や劣化が早く「目安としては5日以内の間に劣化してしまう」と考えられている「お弁当」や「お惣菜」などは「消費期限」表示が必要とされています。
つまり「賞味期限」が設定されている食品は長持ちし、期限が切れていても必ずしも食べられないという事ではないということです。
あまり知られていませんが「賞味期限」が設定されている商品には「消費期限」は設定されてません。
「賞味期限」が設定されている商品に関しては、販売してはいけない期限の設定はなく、食べられるかどうかの最終的な判断は消費者のみなさんに委ねられてます。
ただし、あくまで賞味期限も開封前や定められた保存方法における際の目安です。
例えば缶詰(鯖の水煮)などを開封して数日放置しておくと、たとえ賞味期限前でも劣化はします。
最後はご自身の判断で廃棄等をお勧めしますが、賞味期限が切れているから何でも廃棄しなければならないという事ではないのです。

消費期限と賞味期限の違いは食品の劣化のし易さ
消費期限と賞味期限の違いは
食品の劣化のし易さ

0円商品の秘密

食べられるのに廃棄している食品、1年間で、646万トン!?

世の中には、賞味期限が「3分の1」や「3分の2」残っているにも関わらず一般流通から弾かれて撤去・廃棄されている食品がたくさん存在しています。
その数、なんと年間で646万トン。
この量は、国連世界食糧計画(WFP)が1年で世界中に行っている食品援助量の2倍にもなります。
食べられるのに廃棄している量だけで「646万トン」です。
トクポチではこの「賞味期限が残っているのに廃棄されている商品」を扱うことで「低価格」や「最大0円」での販売を実現しています。
どうせ廃棄処分されるのであれば「タダでもいいので誰かの役に立つ商品になればいいな…」という思いからトクポチはスタートしています。

3分の1ルールとは?

食品の流通において「製造者(メーカー&卸)」「小売店」「一般消費者」の3者が賞味期限の期間を3等分して、商品の保有期間を分け合おうという商習慣(習わし)です。法律で定められているものではありません。
消費者の鮮度に関する関心の高まりを受けて90年代に大手小売店の採用がきっかけでスタートしました。

SDGsにおける食品ロスについて

「つくる責任、つかう責任」

昨今、国連が提唱しているSDGsという言葉を耳にした方も多いのでは無いでしょうか?
SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 現在地球は木々の光合成など毎年多くの資源を生み出していますが、一方で我々人類は毎年多くの資源を使っています。
地球が1年間に生み出す資源を「1」とすると現在人類は1年間に「約1.7」の資源を使っているそうです。
このままのペースが続くと、いつの日か地球の全ての資源を使い果たしてしまい我々人類が生存できない未来が来てしまう恐れがあります。
そこで国連が中心となり2030年までにこの資源の消費を、地球が生み出す資源の量とイコールにし、持続可能な世界を作ろうと「17種類の項目とその目標数字」を設定したのが、SDGsです。
SDGsの12項目「つくる責任、つかう責任」の中に食品ロスの問題も解決すべき問題として掲げられています。
2050年には世界の人口が現在の74億人から30%上昇した96億人達すると見られ、この人口を支えるには地球とほぼ同規模の惑星3つ存在しないと困難とされています。
参照:国連広報「170822 Why it Matters Goal 12 Consumption(EJ)

人口増加に伴い世界中で飢餓に苦しむ人が現在の2.5倍の20億人に到達すると予測されています。
その中で食品ロスを削減しようという動きが世界各国にて起こっているのですが…現在日本が年間に廃棄している「食べられるのに廃棄している食品」はなんと1年間で646万トン。
この量は、国連世界食糧計画(WFP)が1年で世界中にしている食品援助量の2倍にもなります。
食べられるのに廃棄している量だけで646万トン。これらの多くに賞味期限切れの食材が廃棄されているのは言うまでもありません。

メディア掲載多数

モーニングフラッグ
新聞掲載
メディア掲載多数

今すぐトクポチの会員になる

新規会員登録する

商品掲載企業様を募集しています

現在、トクポチでは商品掲載を希望する企業様を募集しています。些細なことでも構いませんので下記お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
今すぐトクポチの会員になる 新規会員登録する