洋菓子

洋菓子のカテゴリーでは、「チョコレート」「ドーナッツ」「クッキー」など洋菓子で食糧廃棄になりそうな商品を販売しています。チョコレートなどは、100円〜500円と幅広い価格帯があり、普段少し手を出しにくい価格帯のチョコレートなどが60〜70%OFFで購入できるのでご自身へのちょっとしたご褒美にいかがでしょうか?

商品一覧

  • 85g×1個 正栄デリィシィー ブランとカカオと素材クッキー 0038

  • 91g×1個 正栄デリィシィー ブランと5つの素材クッキー 0038

  • 160g×1個 キャンディーポップ キャラメル 0080

  • 125g×1個 正栄デリィシィー しまじろう ひらがなとなかよしビスケット 0038

  • 50g×1個 le Roy Rene プティ・カリソン 0017

  • 1個(19枚入) 正栄デリィシィー なめらかチョコのクッキー 0038

  • 1個(14枚入) 正栄デリィシィー 瀬戸内レモンチョコのクッキー 0038

洋菓子の食品ロスについての豆知識

洋菓子の食品ロスについての豆知識

洋菓子業界において大きなフードロスとは、イベント需要後の廃棄になります。
その中でも1番インパクトが大きいのは、クリスマスケーキの廃棄です。

クリスマスケーキは12月25日を過ぎるす一気に売れなくなります。
ただ、クリスマスケーキの廃棄がでてしまうのではそれだけの理由ではありません。

よく言われているのは以下の2つと言われています。

①天候による売上不振
②販売チャンスを逃さないための過剰在庫
③お客さんの目を引くために、インパクト重視のボリューム陳列

①天候による売上不振
個人で行っているケーキ屋さんなら数日前に準備していれば良いので、直前の天気予報を確認しながらお客さんの数を予測して生産する事ができると思いますがある程度規模が大きくなってくると、事前に準備していないと生産できない為、天気予報とは関係なく生産しないといけません。
その様な状況で12月24日25日が大雨になった場合は多くのケーキが売れ残り廃棄されてしまいます。

②販売チャンスを逃さないための過剰在庫
少ない在庫を用意した場合に直ぐに売り切れてしまっては、本来なら獲得できた売り上げを逃してしまう事になるため、想定より少し多めに作る事があります。
つまり、これは初めから少々の廃棄をだした方が儲かるという考え方なのかも知れませんね。近年はこの様な考え方の企業は非常に少なくなったとは思います。またクリスマスなどの季節イベントでそこまで大きなギャンブルにでるという話もあまり聞きませんが、通常の商品などでは、メーカーとしてその様なことをしたくなくても、仕入れ先からの要望で作らざる終えないなどの話はしばしば聞くのが現実です。

③お客さんの目を引くために、インパクト重視のボリューム陳列
クリスマスケーキは、普段ケーキを購入しない人でも購入する為、どこのケーキが美味しいのか分からない方が多いので、店頭に大量に商品が並んでいると「ここはこんなに売れるということは人気の美味しいケーキに違いない」と思って購入するお客さんもいる為この様なボリューム陳列が行われています。

上記を踏まえて近年、コンビニなどのチェーン店では、完全予約制にするなどして無駄に作りすぎない取り組みが行われています。
それでも、予約をし忘れた人にとっては店頭でボリューム陳列をしているお店はありがたい存在なのは間違いありません。

つまり、このフードロスの問題は、企業側だけの努力では限界があり、我々一般消費者の意識レベルが上がる事がそのまま企業の行動に反映される為、現在の企業の動きは我々の意識の鏡と言えるのかも知れませんね。1人1人が余裕を持ってなるべく予約をする事により減らせるフードロスがあるのですから。