缶詰・瓶詰

缶詰・瓶詰のカテゴリーでは、「さば缶」「オイルサーディン」「燻製した牡蠣」「コーン」「コンビーフ」「ジャム」などの幅広いジャンルの食料廃棄されそうな商品を販売しています。

商品一覧

  • 60g×1個 タケサンフーズ 小豆島で炊いたかつお真昆布 0018

  • 210g×1個 いなば食品 ライトツナフレーク 0095

  • 85g×1個 カネイ岡 スモーク牡蠣缶詰 ピリ辛味 0013

  • 450g×1個 いなば食品 もぎたてコーン 0095

  • 100g×1個 小豆島で炊いたゆずこしょうのり 0018

  • 85g×1個 カネイ岡 スモーク牡蠣缶詰 てりやき味 0013

  • 180g×1個 アルノー 鳥レバーのテリーヌ 0029

  • 180g×1個 アルノー 七面鳥のテリーヌ 0029

  • 100g×1個 辛つま屋 サバ激辛味噌漬け 0016

  • 95g×1個 小豆島で炊いた五目海藻煮 0018

  • 180g×1個 アルノー 豚のテリーヌ 0029

  • 180g×1個 アルノー アヒルのテリーヌ 0029

  • 100g×1個 タケサン 小豆島で炊いたうまいもんゆず胡椒のり 0095

  • 340g×1個 オンガネジャパン ORAM ランチョンミート 0095

  • 120g×1個 山一商事 スタミナ1番 担々肉味噌 0095

  • 80g×1個 カネイ岡 スモーク 牡蠣缶詰 アヒージョ味 0038

  • 165g×1個 いなば食品 ライトツナフレーク 国産 0095

  • 95g×1個 桃屋 辛子明太子のり 0095

  • 180g×1個 UNITEDFOODSIN 美味安心 シャキシャキなめ茸 0095

  • 85g×1個 カネイ岡 スモーク 牡蠣缶詰 オードブル味 0038

  • 150g×1個 富永貿易 さばオリーブオイル漬け ガーリック 0095

  • 70g×1個 ホテイフーズコーポレーション 無添加サラダチキン 0095

  • 70g×1個 マルハニチロ あんきも 0095

  • 65g×1個 いなば食品 焼きとり ヤンニョム味 0095

  • 120g×1個 磯じまん ねぎ油香るねぎご飯の具 京都産九条ねぎ使用 0095

  • 190g×1個 信田缶詰 松屋 牛めし缶 0095

  • 230g×1個 タイランドブリッジ ランブータン・シラップづけ ヘビー 0095

  • 230g×1個 タイランドブリッジ ピジョン ライチ シラップづけ ヘビー 0095

  • 165g×1個 桃屋 味付搾菜 0095

  • 100g×1個 いなば食品 かつお大根 0095

  • 230g×1個 タイランドブリッジ パイン入りランブータン・シラップづけ へビー 0095

  • 230g×1個 タイランドブリッジ リュウガン・シラップづけ ヘビー 0095

  • 60g×1個 自然共生 ガーリックゆずこしょう 0095

  • 165g×1個 いなば食品 ライトツナ スーパーノンオイル 0095

  • 600g×1個 加藤産業 国産ゆず茶 0095

  • 210g×1個 いなば食品 国産ライトツナフレーク まぐろ油漬 0095

  • 210g×1個 いなば食品 ライトツナ 0095

  • 210g×1個 いなば食品 ライトツナ スーパーノンオイル 0095

  • 110g×1個 桃屋 穂先メンマ葱油味 0095

  • 420g×1個 リードオフジャパン フルーツカクテル 0095

1 2 次 »

缶詰の食材ロスについての豆知識

缶詰の食材ロスについての豆知識

缶詰は空気に触れることがない為、製造から賞味期限までの期間が他の商品に比べて長いのが特徴です。
商品やメーカーによっても異なりますが概ね2〜3年間に設定されている商品が多く、中にはビスケットなどであれば5年間も食べられる物もあります。

また、とある魚の缶詰メーカーの社員さんは賞味期限切れの直近の商品を社割で購入して、そこから3年程度家で寝かせてから食べる方が味に深みがでて美味しいと話している人もいました。
完全に余談ですが、私もこの話を聞いて是非、賞味期限が切れてから3年寝かせて食べたいと思ったているのですが、そこまで待てずに食べてしまい。まだ食べた事がありません。ただ、現在本気で3年間寝かせようとトクポチで大量に購入したので今度こそは途中で我慢できずに食べてしまったとしても、3年間持つのではと期待しております。※あくまで個人の見解なので試す時は自己判断でお願い致します。

ここで話を戻しますが、つまり、そもそも缶詰という商品自体が食材を長持ちさせるのに適しており本来ならフードロス削減に適した商品だと言えます。

さらに近年では、この食材を缶に詰るという手法を「規格外野菜」を使って缶詰にするだけではなく一度製品として加工された商品で、賞味期限間近になり廃棄されそうになった食品を菌検査などをして、安全を確認した上で再度缶詰にして販売するという企業も出てきました。
実は、この賞味期限間近の食材を再度缶詰にすると賞味期限が元より長くなることもあるそうです。

この様にフードロス削減に最適な缶詰にはこれからもさらなる可能性があると思います。

しかし、こちらの缶詰への再加工もレトルトの豆知識でも記載したのと同じ問題を抱えております。
それは、生産個数が小さいと高価格になりやすいという点です。

せっかく、捨てられそうな商品を活用しても、普通に購入する値段の方が安ければお金と心にゆとりのある人しか購入することはできず自ずと広がりずらいという一面もあります。

トクポチのコムリズ(同志=会員さん)がもっと人数が増えれば、大量ロットでの生産によりこの辺の価格面での問題を克服できるのであれば是非、缶詰の再加工という手法を使ってさらなるフードロス削減に取り組みたいと思っております。

これがおこなれば、フードロスの大部分を占める原材料の活用にも繋がるのではと期待していおります。